数年前まで、幼稚園受験を行う児童は特別な存在で、誰もが挑戦できるものではないとに風潮がありましたが、新聞や雑誌などで幼児教育の重要性が特集されたり、様々な塾が開設されるようになってきたことから、広く一般にも浸透してきました。
また、ライフスタイルの変化により、女性が出産後も働き続けられる環境が整ったことにより経済的な余裕ができたこと、また、少子化が進んだことから、教育費に充てる予算が増えたことも、受験する児童が増えた理由として上げられます。
一方では、子供よりも親が受験に夢中になり過ぎて、子供に過度のストレスやプレッシャーがかかってしまうこともあり、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあります。子供が楽しく受験に取り組める環境を整え、周りの大人が適切な対応を行なっていくことが大切になっています。

幼稚園受験に成功するための塾の選び方

ここ数年、幼稚園の時から受験に挑戦する親子が増えていることによって、受験対策を行う塾の存在がクローズアップされ、人気を集めています。こういった塾では、児童を集めるため、様々な取組みを行なっており、受験生を抱える保護者にとっては、どういった塾を選べば良いのか頭を悩ませています。
塾選びで大切なのは、親が良いと思うよりも、子供が行きたいと思える塾を選べるか否かです。幼少期の子供は、親が出しゃばってしまうと子供は何も言えなくなりますから、子供に真意が見えなくなってしまうので、まずは子供の意見を聞くことが大切です。
そこで、大切なことは、子供に塾の雰囲気を味あわせることです。最近では体験授業を導入している塾も増えていますので、まずは実際に体験させることが必要です。

幼稚園受験における面接試験に対する心構え

子供を塾に通わせたら、全ての受験対策を塾に任せるのではなく、塾の感想を聞くなど、児童の頑張りを称えフォローすることを忘れてはなりません。この時期の子供は両親に褒めてもらうことを非常に喜びます。しっかりと褒めることで、受験に対するモチベーションを維持することができるのです。
また、幼稚園の受験における大きな難関は面接試験です。受験する幼稚園によっても異なりますが、親に同席を求めるところもあれば、子供だけで実施する幼稚園もあります。このような面接時の対応についても、学習の一環として教えてくれる塾もあります。
この時に注意しなくてはならないのが、決して台詞の棒読みにさせないことです。親や塾が子供に教え過ぎてしまうと、その台詞を間違えずに喋ることだけに集中してしまい、本来持っている、子供の長所が相手に伝わらないことも少なくありません。面接試験で大切なのは、間違えずに発言することではなく、普段どおり、ありのままに喋ることであり、合格への近道でもあるのです。

伸芽会は、受験した子どもからの情報をもとに過去問題集を制作しています。 発達段階に合わせた教育を、無理なく行うことが幼児教育には大切。 1歳児コースから年長児コースまで、受験を見据えた教育を行います。 小学校受験は、詰め込み式やスパルタでは合格出来ません。伸芽会は創立60年を迎える、幼児教育の草分け的存在です。 幼稚園受験をご検討ならお気軽に見学会へ